入管法改正案が衆院通過 政府・与党、会期内成立めざす

衆院は27日夜の本会議で外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案を自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、参院に送付した。これに先立ち、立憲民主党など野党6党派は山下貴司法相の不信任決議案を提出。自民、公明などの反対多数で否決した。政府・与党は28日に参院で審議入りし、12月10日までの国会会期内に成立する日程を描く。
【日経新聞11月28日】
詳細をご覧になりたい方はこちらhttps://www.nikkei.com/article/DGKKZO38240250X21C18A1MM8000/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です