入管法改正案を閣議決定 単純労働で外国人受け入れへ

日経新聞11月2日引用
政府は2日、単純労働を含む外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案を閣議決定した。人手不足の分野で一定の技能を持つ人を対象に新たな在留資格「特定技能」を来年4月に創設する。経済界の要望に応じ、これまで認めてこなかった単純労働受け入れにカジを切った。日本の入国管理政策の大きな転換で、政府与党は今国会での成立をめざす。

詳細はご覧になりたい方はこちらhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO37249690R01C18A1MM0000/

関連記事

  1. 実習実施者に対する監視体制強化
  2. 特定技能 関連ページ及び資料まとめ
  3. 7月4日 宮崎県都城市「責任者講習」は中止となりました。
  4. 新たな外国人材の受入れについて
  5. 技能実習生の失踪や行方不明となる留学生でのトラブル増加!
  6. 就学目的で入国した外国人に不法就労や不法残留させないために
  7. 三菱自・パナソニックなど4社、技能実習認定取り消し
  8. 都城市7月4日分の振替日は9月10日となりました。
PAGE TOP
PAGE TOP