入管法改正案を閣議決定 単純労働で外国人受け入れへ

日経新聞11月2日引用
政府は2日、単純労働を含む外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案を閣議決定した。人手不足の分野で一定の技能を持つ人を対象に新たな在留資格「特定技能」を来年4月に創設する。経済界の要望に応じ、これまで認めてこなかった単純労働受け入れにカジを切った。日本の入国管理政策の大きな転換で、政府与党は今国会での成立をめざす。

詳細はご覧になりたい方はこちらhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO37249690R01C18A1MM0000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です