日本語教育・通訳翻訳・コンサルティングなどの人材教育は全国対応の株式会社PMCへ

最新更新日:2017/07/05

人材教育事業

日本語教育だけではありません!

職場でのトラブル解消への「特効薬」はコミュニケーション
不足の解消にあります。経営サイドと従業員とのちょっとした
勘違いや考え方の相違からはじまり、 問題解決が困難な
状況に陥るケースが後を絶ちません。

相手がわかるまで根気強く説明し、会社が目指す方向を
「ひとつ」にするための言葉の重要性を、経営陣の方は労使間の
最重要課題と考えておられますが、外国人労働者が働く
企業においても状況は同じです。

国内外で活躍する外国人労働者の活躍をサポートするため、
(株)PMCでは様々な取り組みを行っております。 日本語教育や通訳・翻訳だけでなく、
生活習慣・労働法規などの各種ビジネス研修まで、経営者と従業員の間での
相互理解を促進し、企業内で「信頼と安心」を構築・実現するためのお手伝いをいたします。

事業内容

  • 日本語教育プログラム・カリキュラム構築と日本語教育ツール提案
  • 日本語能力試験(1〜3級)対策(定期通信教育から日本語教師による授業)
  • 入国前日本語教育(中国・ベトナムなど)
  • 通訳・翻訳(日々の生活面から生活人事労務に関する事項)
  • 各種研修業務(ビジネスマナーやクロスカルチャー研修、管理者向け講習会など)

サポート内容

日本語教育

意思疎通のきっかけ作りをはじめてみませんか?

外国人労働者の日本語能力をより向上させたいとお考えの企業様へ、
日本語能力試験(1級〜3級)レベル到達に向けた日本語カリキュラムをご提案いたします。
企業ニーズと体系化された日本語教育メニューを組み合わせたカリキュラムを構築し、
模擬試験結果から現状レベルを把握し、弱点を克服する勉強メニューを提案いたします。

日本語教育が不十分だとこんなことに…
  • 労使間の会話不履行が顕著になり、円滑な意思疎通が行えない。
  • 二次的目的である職場の活性化が思うようにうまくいかない。
  • 危険を伴う現場にも関わらず、作業手順書を知らないため(読めず・説明できず)、重大事故につながる。
  • 勉強したくても、きっかけも教材もないため、日本語への興味がうすくなり、 ますます勉強しなくなる。
  • 給与面・労働条件面だけを意識する傾向が強くなる。

日本語プログラム

日本語能力試験(1級・2級・3級)合格プログラムコース
(毎月の通信教育や日本語教師による定期訪問授業、試験前集中講座や夏季冬季休暇、GWなど の長期休暇を利用したスポット教育メニューなど) 日本語レベルの把握、合格のための分析・対策については、現状をお聞きしてオーダーメイド カリキュラムをご提案いたします。
入国前の日本語研修
新卒の外国人の方々に対しても、日本への入国前段階から日本語教育を行い、日本での生活や就労する上で最低限必要な日本語習得レベルからより高度な日本語レベルまで、企業ニーズにあわせた教育を行います。

▲ページTOPへ戻る

通訳・翻訳

採用時から入社後の社内ルール周知まで、フルサポートいたします。

外国人労働者に習熟してほしいものは、業務内容や技術力以外にも
労働・生活に関するルールブックの整備やその教育を挙げる企業が多いのです。

  • 仕事をする上でのルールや会社のルールである「就業規則」
  • 安全に作業を遂行するための安全衛生規則や作業手順
  • 生活面での留意事項や寮で生活する上での注意点をまとめた寮規程

規程があるものの、ネイティブ不在のため、やむを得ず身振り手振りで教えたり、先に入国した先輩が
間違って伝え、本来の趣旨からそれた理解をしていたり・・・。
そのような規程を本来の用途で使用するために当社の通訳・翻訳で「使えるルール」にしませんか?
(株)PMCならではの対応ノウハウと母国語が話せるコンサルタントの強みをぜひ活用ください。

日本語教育が不十分だとこんなことに…
  • 落ち込んだり、元気がなかったり、態度がおかしいのに
    何があったかなど聞いてあげられない。
  • 雇用に関する書類などの翻訳ができず、説明できない。
  • ちょっとしたことの行き違いが積み重なり、大きなトラブルへ
    発展する。

雇い入れから退職時までサポート

  • 会社概要、契約書等の翻訳
  • 就業規則などの会社規程の翻訳
  • 外国人登録証の申請および口座開設の同行
  • 退職後の手続きに関するアドバイス

安心サポート入口から出口まで

日本で生活する上での必要なサポート体制は万全です。

▲ページTOPへ戻る

コンサルティング

日本語教育・通訳・翻訳で基礎作り、コンサルティングで運用面の強化。

異なる文化・習慣の方々がともに働く企業では、円滑なコミュニケーションを目的とした場合、
日本語能力を向上させ、初期段階での通訳・翻訳により労働・生活サポート環境を整えつつ、
相互理解を促進することが重要となります。

外国人労働者に対しても、日本の労働関連法令が適用されますが、
日本人と外国人では反応が大きく異なるため、企業が苦労されている労務管理の大きな
ポイントの一つとなっております。

(株)PMCでは、就業規則や社内ルールの翻訳・通訳による説明を行うだけでなく、
人事労務のプロとして、複数の国籍の従業員が勤務することを考慮した上で、就業規則や
社内制度の構築や改正、労働問題への対応・相談を行うことにより、労働問題の発生や
拡大を抑制し、企業と従業員とがよりよい関係を構築し、相互理解のもと業績向上に向け、
同じ目線で取り組んでいける組織作りをご協力いたします。

ルール構築・内容理解と、その運用は「車の両輪」です。

日本語への理解が深まり、ルールも説明したので、これでひと安心というわけにはいきません。
相互理解促進のためには、日本で働く上での心構えやビジネスマナー、基礎的な法律を理解し、
管理者の方も異なる文化・習慣への正しい理解や知識を持つことで、この2つの輪が動き出す
ことにより企業内はより加速して活性化されます。

社内ルール構築理解

様々な諸外国における常識が、日本においては非常識となり、日本人従業員・周辺住民との
トラブルや誤解をまねくケースもあります。

採用後の早い段階で実施する最低限必要な生活指導、日常マナー研修やビジネスマナー研修
だけでなく、労働基準法や給与控除される源泉所得税等の税務、日々の生活で密接に
関係してくる日本法規や社内ルール講習会も実施します。

これまでの企業ニーズに応じて行ってきた母国と日本の対応や考え方の相違を対比しながら、
異文化間の考え方の乖離を解消するべく実施したクロスカルチャー研修など、諸問題を
解決してきた ノウハウを活用し、様々な研修メニューを提案いたします。

その他の特徴

これまで、外国人労働者の就労する企業で対応してきた、人事労務ノウハウを活かし、
現場の管理者や人事労務担当者に外国人労働者への対処法や、相互理解を深めるために
一般の従業員向け外国語講座など、「かゆいところに手が届く」サービスメニューで
対応いたしますので、何でもお気軽にご相談ください。

▲ページTOPへ戻る

人事・経営にまつわるお悩みを今すぐ解消しませんか?
人事・労務にまつわるご相談に柔軟にお答えします。お気軽にお問い合わせください
人事労務管理コンサルティング 株式会社PMC
大阪市北区南森町1-4-19 サウスホレストビル6F 給与計算についてはこちら 人材教育についてはこちら 人事労務コンサルティングについてはこちら 人材紹介についてはこちら

▲ページTOPへ戻る

HOME

  • 人事労務サポート 経営セミナーから講師代行・監査も。経営メミナー実施中

人事労務コンサルタント

株式会社PMC 〒530-0054 大阪市北区
南森町1-4-19
サウスホレストビル6F
TEL:06-6362-5338
FAX:06-6362-5388
Email:pmc-info@pmc-net.co.jp
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

有料職業紹介事業許可
許可番号:27-ユ-300948
許可年月日:平成20年9月1日

詳しくはこちら

北海道から九州まで全国対応

【主要エリア】:
札幌・仙台・千葉・ 川崎・東京・横浜・埼玉・神奈川・ 静岡・浜松・名古屋・愛知・ 京都・奈良・大阪・兵庫・伊丹・ 尼崎・西宮・神戸・姫路・岡山・ 広島・福岡・北九州・熊本・鹿児島