優れた人格の持ち主になる。

そのためには自らの生活を律し、正義に生きる。


堅苦しい言い回しですが、これも野村監督が唱えるリーダーの
条件のひとつです。
 

優れた人格に加え、正しい導き方を知っているかが大切です。

人間教育はもちろんのこと、技術的なことも気付かせることが
できるかどうかが非常に重要になってきます。


例えば、野球なら理にかなったフォームづくりから、
難しいボールへの対応の仕方、投手の配球についても、

「こうやってみたらどうだ」
「こういう対応の仕方があるのではないか」

とアドバイスをして気付かせてやれるかどうかです。


そこで気付く選手は伸びていきます。


逆に鈍感だったり、自分勝手な人はなかなか気付かないので
成長速度も遅かったり、まったく成長しなかったりという結果となります。


そういう意味でも、この「気付き」が大事なのです。


今やコーチ業といえば投手コーチ、打撃コーチ、野手コーチ、
走塁コーチなど専門ごとに細分化され、それぞれ技術的な指導や
チェックを任務とするようになっています。

しかし、これだけコーチがいると弊害も出てきます。
それぞれが競い合うように選手に教えたがるのです。


ここで大切なのは教えるのではなくアドバイスをすることで、
さらにはアドバイスによって気付かせることです。


野村監督も、
「なるべく教えるな。考えさせろ。教える前にまずやらせてみろ」
と言い続けてきました。

メジャーリーグにも「教えないコーチこそ名コーチ」という言葉があります。
極端な言い方ではあるものの、まさにその通りだと思います。


コーチが安易に選手に教えるのはさほど意味を持たないのです。


そもそも人は失敗して初めて自分の間違いに気付きます。

その前にあれやこれや指示を出したところで耳を傾けません。
いや、たとえ聞いていても真剣に理解しようとはしないはずです。


それより、放っておけば自ら考え、自分なりの意見を持って
教えを乞いに来る者が必ず現れます。

その時こそがアドバイスを行なう絶好のタイミングなのです。

とは言うものの、右も左も分からない初心者に対しては、
まずは基本的なことを教えなければなりません。

また、危機に対処するときにも「どうすればいいと思う?」などと
悠長に構えている場合ではありません。

しかし、いつまでも教え続けることは、本人のためにならないし、
何より成長の妨げになってしまいます。


ティーチングが教えることなら、
コーチングはアドバイスをして気付かせることです。


このティーチングとコーチングの使い分けをいかに行なうかが、
リーダーとしての質が問われるところです。



 【今日の野村監督の言葉】

『リーダーたる者は、自らの身を正して人をつくり、
 的確なアドバイスで何かを気付かせなければならない』