リーダーは常に全責任を負う覚悟が必要です。

野球では、ほんのちょっとしたミスが命取りになることが多々あります。

ですが、選手のしでかした無用なミスも、突き詰めれば
監督であるリーダーの資質に原因があると考えるべきです。


それが優れたリーダーの基本原則です。


野村監督は常にこのことを心がけて行動していました。

信条としていたのでしょう。


前にも言いましたが、野村監督は常日頃から、選手に対して
厳しい苦言を呈してきた方でした。

しかし、その本意は選手のモチベーションを上げることで
決して物事を選手のせいにすることではありませんでした。

全責任は自分にあると考えていたはずです。


また、野村監督は自身のことを、無能な凡人だと評価しています。

それにも関わらず、これだけ大きな功績を野球界に遺せた要因は、
野村監督の類まれな「気づき」と「欲求」にあったのだと思います。

裕福とは言えないその生い立ちから、絶対に成功してやる、といった
ハングリー精神を常々持ち続け、技術的劣勢を、相手のクセを盗む、
心理を読む、などといった頭脳で補ってきました。

現状に決して満足しない姿勢と、更なる高みを目指すために
どうすればよいか、について人並み外れた嗅覚を備えていたと言えます。

こうした選手時代からの経験で培った「気づき」と「欲求」が監督業に
おいても発揮され、名将と呼ばれるまでになったのです。


監督にもいろいろなタイプがいますし、指導者としてのポリシーや
理想の監督像も十人十色です。


ただし、はっきり言えるのは、ワンパターンのことしか言えず、
選手の本質を察知できない人間はリーダーにふさわしくない、
ということです。


これは企業に置き換えても同じです。


いい指導者と呼べるのは、広い包容力を持っており、
どんな部下にもそれぞれに合った接し方が出来る人物です。

能力や正確は人によって異なるのですから、その人間の本質を
よく見極めてから指導にあたれ、ということでしょう。

やたら権威を振りかざし、威張ってばかりで、一方的に自分の
言いたいことを押し付けるような人には、誰もついていきません。


大きな心で部下をやさしく包み込み、そして威張らない。


そんな余裕があってこそ組織の上に立つ資格があるのです。


組織の中で上を目指す人はたくさんいます。

ですが、リーダーとなるのはそう容易いことではありません。

たとえリーダーになったとしても、その地位で十分に力を発揮するのは
至難の技です。


常に広い視野を持って行動すること


そして絶え間ない自己研鑽と、人としての徳を高めることが
リーダーには求められるのです。



 【今日の野村監督の言葉】

『権威を振りかざし威張っていても人はついてこない。』