優秀な選手をかき集めたからといって優勝できるとは限らないのが
プロ野球の醍醐味です。

いくら個人として有能なプレイヤーであっても、それぞれの
役目を果たさなくては、野球というスポーツはチームとして機能しません。

ある程度能力があり、優秀な選手であればあるほど、
目先のことに目を向けてしまうという危険性を秘めているからです。


たとえば、下位打線に首位打者やホームラン王、打点王争いのトップを
いく選手がいれば申し分ないチームができると思いがちですが、そうはいきません。

そんな選手に下位打線を打たせていては、すぐに、「なぜおれがこんな下位を
打たなきゃいけないんだ」と不満を抱き、監督批判を繰り返すようになります。

そして、そんな人間が増えれば増えるほど、チームはガタガタになり、
組織として成り立たなくなってしまいます。

指揮官、つまりリーダーたるものは、選手たちに進むべき正しい道を示し、
あるべき姿に導くことが大きな役割なのです。


野村氏が監督になった当初の楽天は、万年最下位のチームでした。
この現状に野村監督は、1年目を「つくる年」、2年目を「戦う年」、
3年目を「勝つ年」と位置づけ、チーム作りを行なうことを明言しています。


そして3年後、野村監督の計画通り、初のクライマックスシリーズ進出を
決めたのです(日本シリーズはあと一歩というところで逃しましたが)。

この時の楽天は、有能な選手をかき集めていたわけではありません。
むしろ、まだまだ戦力的に十分整っているとはいえない状況でした。

チーム全体が正しい方向に進んでいれば、多少の戦力不足など
跳ね返せるということが証明されたのです。


野村監督の考えるリーダーの心得をまとめると次の3つになります。


1.リーダーいかんによって組織はどうにでも変わる。

これは、リーダーの存在がいかに大切かということです。
「水は方円の器にしたがう」という言葉があります。
器(リーダー)が四角ければ、水(組織)は四角く、円ければ円く、
指揮官次第でどうにでも変わってしまうものなのです。


2.リーダーはその職場の気流にならなくてはならない。

これはまさに向かうべき方向に自分が率いる人間を巻き込むことができるか
どうかということです。
一人一人に仕事の意義を感じさせ、興奮させる。「感奮興起」という言葉がありますが、
意気を奮い起こさせること、それこそがリーダーの使命です。


3.リーダーの職務とは、「壊す、創る、守る」ことである。

織田信長は旧価値社会を破壊し、豊臣秀吉は新価値社会を建設しました。
そして、徳川家康は既存の事業のロンダリングによる維持管理を実現しました。


組織を新しく成長させていくには、この3つの作業を組み合わせることが
重要になるのです。

さらにリーダーはチームの「まとまり」を目指さなくてはなりません。
「まとまり」とは、目的意識、達成意欲をみんなが同じように持ち続けることです。

「まとまり」を無視して能力の高い人材だけを集め、個々の能力の合計=チーム力と
考えてしまうと、「これだけの人材を揃えているのになぜ結果がでないんだ」と
いうジレンマに襲われることになるでしょう。

つまり、全員が「勝つんだ!」という気になるためには、リーダーが常に
正しい方向を向き、それを目指していくこと、さらにそれをチーム全員に
浸透させていくことが大切です。

長い目で見た正しさを求めるべきで、小さな目先にとらわれていては
組織の能力は発揮できません。

「先を読む力」がリーダーには求められるのです。


今シリーズは今回が最終回となりました。

全12回を通して、リーダーとはこうあるべきだ、ということを
書き綴ってきましたが、いかがでしたでしょうか。

「それくらいのことはわかっている」「違う方法もたくさん知っている」と
感じた人もいるかもしれません。

それはそれでとてもすばらしいことですし、優れたリーダーになれる
素質は十二分にあと思います。

ですが、豊富な知識があっても、実践しなければ結果は付いてきません。

リーダーに求められているのは「知識」ではなく「結果」なのですから。


今シリーズを通じて、今現在リーダーの人や、これからリーダーを目指す人が、
自分なりのリーダー像とは何かを考るきっかけになれば幸いです。


理想の実現のためには実践あるのみです。



 【最後の野村監督の言葉】

『進むべき正しい道を示し、あるべき姿に導いてこそ真のリーダーといえる。』