前回、
【WLBを取り入れる過程で生じるメリット】
【WLBを実現した結果によって生じるメリット】
をお話させていただきました。

それでは、「労働時間管理」を行っていくにあたり、どのようなことに取り組み、
どのようなことに注意をしていけば良いのかを考えていきましょう。


労働時間管理をして作業効率を上げるために最も重要なことは、

「意識付け」

であり、全社員の意識を変えていかなければなりません。

作業の効率化は、単なる「人件費・費用の削減」ととらえがちになりますが、
そうではありません。

経営者・管理者層は

「短時間でより多くの成果を挙げる」

ための活動ととらえ、社員の育成であり、優秀な社員を増やすためと考え、
そして、将来の経営を左右することであると全社員が共有しなければなりません。

実際に人員配置や業務分担を見直し、効果が出始めると、一時期は成功したかの
ように見え、そこで終わってしまうことが多いのですが、長期的に見ると、効率化
によってできた時間を別の仕事で埋めてしまい、残業が復活することがあります。

一般社員は残業を減らすことへの意識を持ち続けることに疲れてしまい、
思うような成果をあげることができないケースが出てきます。

大きく成果をあげるためには、仕事以外の時間を有効活用させ、
そこで得た経験や知識を業務に反映させることが重要となります。
他社ではどのように業務を進めているのかを学んだり、パソコンの活用で
少しでも作業効率を上げるために本を読んで技術を身につけるなど、
各社員に自己のスキルを上げる意欲を持たせることが必要となります。


そのために、経営者・管理者層の意識を高めることが重要です。
うわべだけで

「早く帰れ」

と言うのではなく、日常会話の中で部下が今、どのようなことに興味を持って、
仕事以外の時間を何に使っているのかに興味を持ち、残業の申告があれば

「今日、用事あったんじゃないの?」とか
「最近疲れてないか?」など、

コミュニケーションを取って、メリハリをつけた残業や帰宅の指示をすることが必要です。

部下を応援する気持ちが社員のやる気を引き起こし、時間あたりの生産性を
高めることにつながります。
早く帰れない部下がいれば、意見を聴きつつ、個人や組織としての課題を
一つずつクリアにしていき、チームや部署、会社に合った方法を取っていくことが、
作業を効率化していく上での早道となります。


作業の効率化を進めていくにあたり、次回は具体的な施策に触れていきたいと思います。